ほくろが増える原因を学ぶ|除去はレーザーでできます

レーザーで除去

ウーマン

顔や体にできたほくろを除去するのに用いられる手段の1つがレーザーです。炭酸ガスやQスイッチ、ロングパルスなどのレーザーがほくろ除去で代表的なものです。どれも切除する方法と比べると傷跡が残りにくいという特徴があります。

シミとの違いと切除方法

カウンセリング

ほくろとシミは似ていますが、美白成分の入った化粧品で消えるかどうかという違いがあります。ほくろをしっかり除去したい場合はクリニックでレーザーや切除をしてもらいましょう。切除にはいくつかの方法があります。

増える原因

ドクターとナース

鏡や手足を見ていると、いつの間にかホクロが増えているという経験をした人は少なくないでしょう。いきなりほくろが増えるとどうしてできたのだろうという疑問が出てきます。なかには年齢を重ねたせいだから仕方ないと諦める人もいます。しかし、顔や腕のように目立つ部分にたくさんのほくろが出てくると流石に病気ではないのかと気になることでしょう。どうしてほくろが増えてしまうのか、その原因を確認しましょう。

ほくろはシミと同じようなものとして分類されることが多いです。なぜなら、シミやほくろというものは皮膚のメラノサイトという細胞が作り出すメラニン色素が集中してできているものだからです。どちらもメラニン色素からできていますが、ほくろの方は少し盛り上がってできているものもあるのです。そして、ほくろは主に3つの種類にわけることができます。1つ目が単純ほくろというもので、表皮と呼ばれる部分の基底層にメラノサイトが集中してできるというものです。2つ目は、色素細胞母斑と呼ばれ、何層ものメラノサイトが重なり合って増えているもののことです。最後に、老人性色素斑と呼ばれるほくろは、紫外線によってできたもので年齢を重ねることで皮膚の表面に出てくるものです。ほくろを除去しようと思った場合、ほくろの種類や大きさ、盛り上がりの有無によって除去の方法が違ってくるでしょう。

単純ほくろや色素細胞母斑、老人性色素斑などのほくろと呼ばれるもののほとんどが、紫外線を浴びることと関係しています。紫外線を浴びて肌に刺激が加わることでメラノサイトがメラニン色素を作り出してしまうからです。ほくろを増やさないためには紫外線対策をきちんと行うようにしましょう。また、女性の場合は化粧をすることもほくろやシミを作り出す原因につながっているのです。化粧をするときに使うスポンジやブラシの刺激でもメラノサイトが活発に働いてしまいます。この他にも、寝不足や栄養の偏りも肌のターンオーバーを悪化させ、ほくろやシミを増やす原因に繋がってしまいます。できてしまったほくろはクリニックのレーザーで除去することもできるでしょう。

ほくろは先天性と後天性の2つのものにわけることもできます。生まれたときからあるほくろが先天性のもので、生まれたあと紫外線や肌への刺激でできてしまうのが後天性のほくろです。後天性のほくろのなかには、紫外線と関係なくできてしまうものもあります。例えば、ホルモンの乱れによってメラノサイトが刺激されほくろができるという可能性もあるのです。このようにどんな理由でほくろができているのかを考えて、予防や治療をするようにしましょう。短期間で大きくなってしまったというようなほくろや手の平や足の裏にあるほくろは、悪性のものやメラノーマと呼ばれる病気の可能性があります。クリニックで検査をしてもらわないとほくろとの見分けが付かないことがあるので、気をつけましょう。

除去の回数と治療費

女性

ほくろを除去するときの費用は、ほくろの大きさや位置、治療方法や受診するクリニックによって違ってくるでしょう。一回の治療で除去できない場合もあるので、医師と相談しながら治療を進めましょう。