ほくろが増える原因を学ぶ|除去はレーザーでできます

  1. ホーム
  2. 除去の回数と治療費

除去の回数と治療費

女性

ほくろはクリニックでレーザーや切除をして取り除くことができるものです。ただ、方法によっては一回の治療で取り除くというのは難しいでしょう。例えば、徐々に色を薄くするという方法の場合は数回の照射が必要になるので、クリニックに何度か通院が必要となります。また、ほくろの深さや大きさによっても治療の回数は異なってくるでしょう。大きくて深いほくろがあるという場合、レーザーで数回に分けて除去しなくてはいけません。切除して行う方法の場合は、大きめのほくろでも一回で除去してもらうことができるでしょう。治療の最適な方法や回数については医師にしっかり確認するようにしましょう。

ほくろを除去しようと思ったときに気になることといえば、費用のことです。大まかな目安として、直径が1ミリ以下の小さなほくろの場合は5千円前後、1ミリ以上で2ミリ以下だと7千円前後、5ミリだと1万円前後の費用がかかるでしょう。しかし、ほくろを除去するときはその大きさだけでなく方法や受診するクリニックによっても金額が変わります。また、保険が適用されるクリニックか、綺麗で目立たないように治療できるクリニックかでも費用は異なるのです。例えば、保険適用のクリニックでレーザーを用いて除去をするという場合は小さいもので2千円前後から除去してもらえるでしょう。切除縫合法やくり抜き法の場合はそれよりも少し高く6千円や9千円前後の費用がかかります。綺麗さに拘って治してくれるクリニックで大きくて取りにくい部位にあるほくろを除去しようとすると4万円以上もかかることがあるのです。ほくろの大きさと部位、受診するクリニックと治療方法をきちんと考えて、ほくろ除去を行うようにしましょう。

ほくろを除去するときに自分でできる方法を試そうと考える人は少なくないでしょう。自分で対処できてしまえば数千円や数万円という費用がかかりません。そのため情報を集めて自己流で除去をしてしまおうと考えるのです。しかし、ほくろだと思っていたものが実はメラノーマや悪性のほくろだというころがあります。そういった病気の場合は除去をしないと命に関わってしまうでしょう。また、自己流の方法で除去を行ってしまうと事態を悪化させてしまうことも考えられるのです。メラノーマや悪性のものかどうかの判断は素人が行うのは難しいので、安易に自分で除去をしないほうがいいでしょう。病気だった場合は切除でしか対応ができないということもあります。

ほくろ除去を行ったあとは傷が綺麗に治るようにアフターケアをしっかり行いましょう。レーザーやメスを用いた場合は専用のテープや軟膏をクリニックで受け取ります。それらをきちんと使用することで、傷口を保護することができます。また、テープを貼ることは紫外線の対策にもなるので、再発を防ぐことができるでしょう。施術部位が綺麗に治ったあとも、自分で日焼け止めや日傘を用いて対策をしましょう。医師の指示に従うことと、自分でできる手軽な紫外線対策を取り入れることがほくろ除去や防止では大切になります。